病院でクラミジアの検査をする際には男性と女性で検査するところが違う

男性と話している医者

クラミジアに感染してしまった恐れがあるときは、適切な治療を行うことができるようにするためにも、病院などで検査を行わなければなりません。ですが、この性病の場合は感染部位が多岐にわたりますし、性別によっても受診すべき病院の種類や検体の採取方法が異なります。特に男性と女性でどのような違いがあるか知っておかなければ、適切な医療機関を受診することができない可能性があるので、クラミジアに感染した場合はどのような医療機関を選択するべきか確認しておきましょう。また、行われる検体の採取方法についても知っておくことがおすすめです。

男性がクラミジアに感染した場合は、性病科や泌尿器科を受診する必要があり、初尿を採取することによって検査が行われます。一方で女性が感染したときには性病科や婦人科を受診しなければならず、膣ぬぐい液と呼ばれる膣分泌物を採取したものを検体として検査するはずです。性別によって検査方法や受診すべき病院が異なっているので、間違った医療機関に足を運ぶことがないようにするためにも、自分はどのような病院を利用するべきか知っておくことが大切だと言えます。

クラミジアは咽頭や直腸、眼にも感染することがあるので、そのような場合は他の病院で検査してもらう必要があります。咽頭への感染の場合は耳鼻咽喉科でもうがい液などを用いてチェックを行うことができますが、性病の恐れがある場合は性感染症に詳しい医療機関を受診したほうが良いでしょう。近くに性病科があれば耳鼻咽喉科ではなく性病科を訪れたほうが良いと言えます。直腸や眼に感染が見られる場合も同様で、消化器外科や眼科を利用するよりも性病科などを受診するべきです。咽頭や直腸、眼に関しては男性も女性も同じような方法で行われるので、性別による違いは気にしなくて良いでしょう。

病院でクラミジアの検査をするときには男性と女性で採取する検体が違うことを知っていなければ、適切な病院選びを行うことができない可能性があります。基本的には性病科を利用すれば性別や症状に関係なく、確実な検査や治療を期待することができるのですが、近くに性病科がない場合は性別によって選ぶ病院を変えてください。間違った病院選びをしてしまうとそこでは検査を受けることができない可能性もあるので、再度別の医療機関を受診することになるでしょう。そういった事態を避けるためにも、クラミジアの診断では男女で行うことが違うことを知っておくことが大切です。

関連記事
クラミジアの治療中にアルコールを摂取すると治癒率が下がるので注意が必要 2020年06月03日

治療薬を服用しているときには飲酒を控えるように指導されることがありますが、クラミジアの治療を行っているときにもアルコールの摂取は好ましくありません。同時に摂取することで重篤な症状を引き起こしてしまうというわけではないので、つい飲酒してしまう人がいるようですが、せっかく治療していてもお酒を飲んでしまう...

クラミジアの潜伏期間は?おおむね1週間から3週間程度 2020年04月28日

病気には潜伏期間が存在するので原因菌に感染したからすぐに症状が出るわけではないと理解しておく必要があり、クラミジアにも潜伏期間があることを知っておかなければなりません。クラミジアに感染している人と性行為を行って感染したとしても、症状があらわれるまでに1週間から3週間ほどの潜伏している期間が存在します...

アジーは通販で個人輸入するのが安い!病院処方だと保険がきかないことも 2019年12月05日

アジーを手に入れて性病を治したいと考えるのであれば、病院で処方してもらうよりも個人輸入通販サイトを利用することがおすすめだと言えます。ジスロマックのジェネリック品であるアジーは病院で処方してもらうことができる場合もありますが、残念ながら保険が効かない可能性があるので、思っていたよりも薬代が高くなって...

風俗などで違う相手と性行為をするとクラミジア感染の危険性は高まる 2020年03月22日

クラミジアの感染率を高めてしまう行動には不特定多数の人と性行為を行うことが含まれるので、性病に感染したくないと考えるのであれば、なるべくパートナー以外とはセックスを行うべきではないと言えます。特に風俗は性病が蔓延しやすい場所なので、このようなサービスを利用して性行為を行うとクラミジアへの感染率はかな...

クラミジアが悪化すると不妊症や流産につながることもあるので注意が必要 2020年01月21日

日本国内で最も感染者数が多い病気として知られているので、クラミジアになってもそれほどひどい症状は引き起こさないと勘違いしている人が多いです。患者すべての症状が悪化し重篤な状態を引き起こしているわけではないので、トータルの感染者数から考えると重い病気を引き起こすことは少ないように思えるかもしれません。...