クラミジアを予防するなら性行為の最初からコンドームを使うのが一番

性感染症を予防するためにはコンドームの使用が推奨されていますが、クラミジアの感染を防ぎたいと考えているときにもコンドームの装着は有効だと言えます。クラミジア菌は感染者の精液や膣分泌液、血液などの体液や粘膜に存在しているので、体内に血液が入り込んだり粘膜が直接触れ合ったりすることで感染することがほとんどです。このようにして感染が起こっているので、コンドームを用いずにセックスやオーラルセックス、アナルセックスなどを行うとクラミジアに感染してしまうことがあります。コンドームの使用はクラミジアに対する高い予防効果を期待することができますが、使い方を間違えてしまうと意味がないので、正しい使い方を知っておくことが大切です。

この感染症をしっかり予防したいと考えているのであれば、性行為の最初からコンドームを装着しておくべきであり、途中から装着すると意味がないことを知っておきましょう。特に男性の性器に感染が見られる場合は射精するまでに装着すればオッケーだと勘違いしている人が多いですが、射精する前まで何も装着せずにセックスを行うことで感染することもあります。射精がまだであっても少しずつ精液の成分がにじみ出ていたり、体液は分泌されていたりするので、初めから着けておかないと意味がないです。予防しているつもりでも途中からであれば意味がないので、挿入したり相手の粘膜に触れたりする可能性があるときには着けておきましょう。

咽頭クラミジアに感染している人と性行為を行うときには、オーラルセックスを行うときにもコンドームを装着しておくべきです。パートナーとオーラルセックスを行うときにコンドームを使用する人は少ないですが、もしも咽頭クラミジアに感染している人に行ってもらうのであれば感染してしまう可能性があります。クラミジアがうつってしまわないようにするためにはオーラルセックスを控えるか、コンドームを使用して行うことが大切です。

コンドームを使用すればクラミジアの感染を予防することができるので、パートナーとセックスを行うときはきちんと話し合って使用するようにしてください。なかには、ピルを飲んでいて妊娠の心配がないから避妊具を使いたくない人もいますが、これでは性病を防ぐことはできません。クラミジアを含む性病を予防したいと考えるのであれば、体液や粘膜の接触を避けることができるコンドームを使用することが大切だと言えるでしょう。

関連記事
クラミジアの治療中にアルコールを摂取すると治癒率が下がるので注意が必要 2020年06月03日

治療薬を服用しているときには飲酒を控えるように指導されることがありますが、クラミジアの治療を行っているときにもアルコールの摂取は好ましくありません。同時に摂取することで重篤な症状を引き起こしてしまうというわけではないので、つい飲酒してしまう人がいるようですが、せっかく治療していてもお酒を飲んでしまう...

クラミジアの潜伏期間は?おおむね1週間から3週間程度 2020年04月28日

病気には潜伏期間が存在するので原因菌に感染したからすぐに症状が出るわけではないと理解しておく必要があり、クラミジアにも潜伏期間があることを知っておかなければなりません。クラミジアに感染している人と性行為を行って感染したとしても、症状があらわれるまでに1週間から3週間ほどの潜伏している期間が存在します...

アジーは通販で個人輸入するのが安い!病院処方だと保険がきかないことも 2019年12月05日

アジーを手に入れて性病を治したいと考えるのであれば、病院で処方してもらうよりも個人輸入通販サイトを利用することがおすすめだと言えます。ジスロマックのジェネリック品であるアジーは病院で処方してもらうことができる場合もありますが、残念ながら保険が効かない可能性があるので、思っていたよりも薬代が高くなって...

風俗などで違う相手と性行為をするとクラミジア感染の危険性は高まる 2020年03月22日

クラミジアの感染率を高めてしまう行動には不特定多数の人と性行為を行うことが含まれるので、性病に感染したくないと考えるのであれば、なるべくパートナー以外とはセックスを行うべきではないと言えます。特に風俗は性病が蔓延しやすい場所なので、このようなサービスを利用して性行為を行うとクラミジアへの感染率はかな...

クラミジアが悪化すると不妊症や流産につながることもあるので注意が必要 2020年01月21日

日本国内で最も感染者数が多い病気として知られているので、クラミジアになってもそれほどひどい症状は引き起こさないと勘違いしている人が多いです。患者すべての症状が悪化し重篤な状態を引き起こしているわけではないので、トータルの感染者数から考えると重い病気を引き起こすことは少ないように思えるかもしれません。...