クラミジアなど多くの細菌感染による炎症を鎮めてくれるジスロマックの効果

病原体

ジスロマックはクラミジアを含む数多くの細菌性の感染症を治療することができる薬であり、症状のひとつである炎症を早く鎮めてくれることで定評があります。これはマクロライド系の抗生物質であり、有効成分にアジスロマイシンを含んでいる治療薬です。アジスロマイシンは病原菌がリボソームでタンパク質の生合成を行うことを阻害するので、病原菌は増殖することができなくなり、結果としてクラミジアなどの症状を改善することができます。増殖することができなくなった病原菌は身体に悪さすることができなくなるので、最終的には症状を完全になくすこともできるでしょう。

アジスロマイシンが1,000mg摂取できるようにジスロマックを1回だけ服用すると、薬効は1週間から10日間ほど持続します。ジスロマックが病原菌に作用することができるのは、病原菌の細胞分裂が起こるタイミングなので、3日から4日に1回訪れるタイミングを逃してしまうと効果が得られません。ですが、ジスロマックを服用しておけば長い時間薬効が持続するので、細胞分裂が起こっているときを狙って服用する必要がないですし、飲み忘れによって効果が得られないという心配もないでしょう。1回服用しておけば確実に病原菌に作用してくれるので、高い治療効果を期待することができるというわけです。

臨床試験のデータによると、ジスロマックを服用したクラミジア患者の90%以上の人が、1回の投与で症状が改善されているので、かなり高い有効性があると言えます。現在のクラミジア治療で第一選択薬として医師から勧められることが多い治療薬であることからも、有効性が高いことが分かるはずです。クラミジア治療に用いることができる薬は他にもありますが、効率よく治療することができる薬なのでジスロマックがおすすめだと言えます。

クラミジアに感染したのであれば、なるべく早く投薬などによって治療を進める必要があり、治療が遅くなってしまうと重い症状を引き起こしてしまう可能性が高いです。ジスロマックは優れた効き目を持つクラミジア治療薬として知られているので、この薬を服用して症状を改善することがおすすめだと言えるでしょう。どのような治療薬を選択するべきか分からずに迷ってしまう人は多いものですが、ジスロマックは少ない服用回数で確実に病原菌に作用するという特徴を持っています。過去に行われた臨床試験などからも有効性が高いことが知られているので、効果が高いジスロマックを活用してクラミジアを治しましょう。

関連記事
クラミジアの治療中にアルコールを摂取すると治癒率が下がるので注意が必要 2020年06月03日

治療薬を服用しているときには飲酒を控えるように指導されることがありますが、クラミジアの治療を行っているときにもアルコールの摂取は好ましくありません。同時に摂取することで重篤な症状を引き起こしてしまうというわけではないので、つい飲酒してしまう人がいるようですが、せっかく治療していてもお酒を飲んでしまう...

クラミジアの潜伏期間は?おおむね1週間から3週間程度 2020年04月28日

病気には潜伏期間が存在するので原因菌に感染したからすぐに症状が出るわけではないと理解しておく必要があり、クラミジアにも潜伏期間があることを知っておかなければなりません。クラミジアに感染している人と性行為を行って感染したとしても、症状があらわれるまでに1週間から3週間ほどの潜伏している期間が存在します...

アジーは通販で個人輸入するのが安い!病院処方だと保険がきかないことも 2019年12月05日

アジーを手に入れて性病を治したいと考えるのであれば、病院で処方してもらうよりも個人輸入通販サイトを利用することがおすすめだと言えます。ジスロマックのジェネリック品であるアジーは病院で処方してもらうことができる場合もありますが、残念ながら保険が効かない可能性があるので、思っていたよりも薬代が高くなって...

風俗などで違う相手と性行為をするとクラミジア感染の危険性は高まる 2020年03月22日

クラミジアの感染率を高めてしまう行動には不特定多数の人と性行為を行うことが含まれるので、性病に感染したくないと考えるのであれば、なるべくパートナー以外とはセックスを行うべきではないと言えます。特に風俗は性病が蔓延しやすい場所なので、このようなサービスを利用して性行為を行うとクラミジアへの感染率はかな...

クラミジアが悪化すると不妊症や流産につながることもあるので注意が必要 2020年01月21日

日本国内で最も感染者数が多い病気として知られているので、クラミジアになってもそれほどひどい症状は引き起こさないと勘違いしている人が多いです。患者すべての症状が悪化し重篤な状態を引き起こしているわけではないので、トータルの感染者数から考えると重い病気を引き起こすことは少ないように思えるかもしれません。...