クラミジアが悪化すると不妊症や流産につながることもあるので注意が必要

悩んでいる男性

日本国内で最も感染者数が多い病気として知られているので、クラミジアになってもそれほどひどい症状は引き起こさないと勘違いしている人が多いです。患者すべての症状が悪化し重篤な状態を引き起こしているわけではないので、トータルの感染者数から考えると重い病気を引き起こすことは少ないように思えるかもしれません。けれども、クラミジアが原因の不妊症や流産などは実際に起こっているので、悪化してしまうことはとても危険だと言えます。ひどい病気に進行した話をあまり聞かないからと油断していると、不妊症や流産を引き起こしてしまう可能性があるので悪化しないように注意しておきましょう。

クラミジアの原因菌は男性であれば尿道に、女性は子宮の入り口に感染し、治療せずに放置してしまうと身体の奥へと入り込んでしまいます。男性の尿道の奥へと原因菌が侵入すると、前立腺炎や精巣上体炎が起こってしまう可能性があるでしょう。女性の場合は骨盤腹膜炎や卵管炎を引き起こしてしまうことがありますが、性別に関係なくクラミジアを放置してしまうと、このようなひどい症状を引き起こしてしまいます。

男性が前立腺炎や精巣上体炎になった結果、精子が上手く作ることができなくなって無精子症になってしまうことがあるので注意しておかなければなりません。無精子症になると妊娠させる能力がなくなり、不妊症となってしまうのでクラミジアを放置してしまうことは危険だと言えます。女性の場合は卵管炎などになると卵管の機能が正常に作用しなくなり、子宮外妊娠を引き起こしてしまうことがあるようです。不妊症の原因になってしまうこともありますし、妊娠している場合は胎児に病気をうつしてしまい流産が起こってしまうこともあります。このように非常に危険な症状を引き起こしてしまうことが多いので、クラミジアに感染しているのであれば、悪化してしまわないように治療を行うことが大切です。

クラミジアに感染したものの治療を行わずに放置し、症状を悪化させてしまう人もいます。悪化しても比較的軽い症状であれば治療薬の投与などによって改善することができる場合もありますが、不妊症や流産などの取り返しのつかない状態になってしまう可能性もあるのです。悪化しないだろうと甘い考えを持っていると大変な症状を招いてしまう可能性があるので、そのような危険を避けるためにもしっかりと治療することを意識してください。クラミジアに感染した恐れがある場合は検査を行い、適切な治療法を行うことによって症状を悪化させないようにすることが大切です。

関連記事
クラミジアの治療中にアルコールを摂取すると治癒率が下がるので注意が必要 2020年06月03日

治療薬を服用しているときには飲酒を控えるように指導されることがありますが、クラミジアの治療を行っているときにもアルコールの摂取は好ましくありません。同時に摂取することで重篤な症状を引き起こしてしまうというわけではないので、つい飲酒してしまう人がいるようですが、せっかく治療していてもお酒を飲んでしまう...

クラミジアの潜伏期間は?おおむね1週間から3週間程度 2020年04月28日

病気には潜伏期間が存在するので原因菌に感染したからすぐに症状が出るわけではないと理解しておく必要があり、クラミジアにも潜伏期間があることを知っておかなければなりません。クラミジアに感染している人と性行為を行って感染したとしても、症状があらわれるまでに1週間から3週間ほどの潜伏している期間が存在します...

アジーは通販で個人輸入するのが安い!病院処方だと保険がきかないことも 2019年12月05日

アジーを手に入れて性病を治したいと考えるのであれば、病院で処方してもらうよりも個人輸入通販サイトを利用することがおすすめだと言えます。ジスロマックのジェネリック品であるアジーは病院で処方してもらうことができる場合もありますが、残念ながら保険が効かない可能性があるので、思っていたよりも薬代が高くなって...

風俗などで違う相手と性行為をするとクラミジア感染の危険性は高まる 2020年03月22日

クラミジアの感染率を高めてしまう行動には不特定多数の人と性行為を行うことが含まれるので、性病に感染したくないと考えるのであれば、なるべくパートナー以外とはセックスを行うべきではないと言えます。特に風俗は性病が蔓延しやすい場所なので、このようなサービスを利用して性行為を行うとクラミジアへの感染率はかな...

クラミジアを予防するなら性行為の最初からコンドームを使うのが一番 2020年02月24日

性感染症を予防するためにはコンドームの使用が推奨されていますが、クラミジアの感染を防ぎたいと考えているときにもコンドームの装着は有効だと言えます。クラミジア菌は感染者の精液や膣分泌液、血液などの体液や粘膜に存在しているので、体内に血液が入り込んだり粘膜が直接触れ合ったりすることで感染することがほとん...